30代ですが仕事やめようと思います。もしかしたらうつ病なのかも?

どうもmagです。

突然ですが、あなたは今の仕事がすきですか?

僕は大嫌いでっす!

毎日の単調な作業、理不尽な命令を下す上司(社長)、ブラック化を進める社長・・・

それらに加えてうつ病のような症状が気になるように。

約7年半続けてきましたが、ついに本日限界を感じ辞めると決心しました。

今回は僕がなぜ会社を辞めると決断したのか、折角の機会?なので書いていきたいと思います。

自分の事を書く記事って初めてかも!?

スポンサーリンク

会社を辞める理由

いろいろとあるような、そんなに無いような・・・

とりあえず一つずつ挙げていきたいと思います。

1.仕事にやり甲斐が感じられない

やはり仕事を続ける上でやり甲斐というのはとても大きいものだと思います。

それが現在の仕事では全く感じません。

ただのお金を稼ぐ手段でしか無いです。

僕はプロスノーボーダーになるのが夢でしたが、色々と考え、夢を諦めて就職活動をしていました。なかなか就職先が決まらず悩んでいたのですが、現在の会社の社長に誘われて入社しました。

正直、最初から全く興味のない仕事だったので、今まで一度も楽しいと思ったことはありません。生活費を稼ぐため仕方なく働いていました。

2.会社の将来性が感じられない

僕の勤めている会社は同業他社がバタバタと倒れていくほど、先細りな業界です。

もちろん会社の業績もよくありません。むしろどんどん悪くなっている感じがあります。

将来を考えた時に常に不安を感じていました。

3.社長のブラック思考

ここ1年は専務が先導して出来る限り定時に仕事を終わらせ、カレンダー通りに休むという目標のもとで2年前までのブラック状態からは改善の兆しがありました。

しかし、社長の思考がブラックそのもので「社員は休みも働いて当然。」(代休はありません)「仕事していないんじゃないか。」(毎日残業してます)「有給は私用でとるな。」(いつ取るんだ?)などと、かなり酷いものです。

現場が作業効率を上げる努力をしているのに、「俺には関係ないし効率なんてどうでもいい。売上さえ上がればな。」と言っているのを聞いた時は愕然としました。

会社は零細企業で従業員10人ほど。営業は社長が1人でやっていたので、工場に売上を上げろと言われても意味不明です。単価を下げてるのはオマエだろ!(イエスマンな社長とかマジで害悪)

4.うつ病のような症状

現在の会社ではいままでも数人ほどうつ病で退職しています。

「まさか僕がうつ病のはずがない。」と今まで何年も目を背けてきましたが、ここ最近のことをよく考えてみるとうつ病と思わしき様々な症状があることに気が付きました。

思考力、理解力の低下

電話で相手の話が頭に入ってこないんです。電話中はしっかりと聞いているつもりなんですが、電話を切ると忘れてしまうことがよくあります。

他にも文章がなかなか理解できなかったり、会話に理解が追いつかず返答に時間がかかる。

さらには計算能力まで低下していることに気が付きました。

集中力の低下

一つのことに集中するのが難しくなりました。

ブログを書くのにも何度も手が止まり、他のことに気を取られてしまうのでとても時間がかかってしまいます。

好きだったことに興味がなくなってきた

僕はアニメや漫画が好きで数年前は1クールに何本もアニメを見ていたのですが、最近は1つも見ることができなくなりました。

プロを目指していた大好きなスノーボードも滑りに行く回数が激減。1人ではもう滑るのがつらいです。

よくやっていたゲームもやらなくなりました。

何事をするにも億劫になった

1人の時は殆ど外出しなくなり、行動するのが億劫になりました。

やらなけらばならないのに動き出すことがなかなかできません。

無気力です。

焦燥感がつきまとう

常に焦りを感じています。

この行動が正しいのかとか無駄なことばかりしているのではないかと思う毎日です。将来が不安なのもいつも感じています。

体がだるい、痛い

ストレスが関係しているかわかりませんが、肩こりが酷かったり腰が痛いです。

健康体にも関わらず風邪をひいたときのように体がだるい症状があります。

終わりにしたいと思ってしまう

なんとなく人生を終わりにしたいなとか、会社で扱っている機械に腕を突っ込んだらしばらく仕事しなくていいかなとか思ってしまうことが多くなりました。

会社の機械は日常的に見るものなので、手を伸ばしそうになる自分が怖いです。

決定打は社長の言葉

僕もいつまで現在の仕事を続けるかわからないと考えていたのですが、社長に言われた言葉で辞める決心がつきました。

「お前は仕事の意欲が感じられない。給料に見合った仕事をしていない。お前のやっていることは仕事じゃない。」

何気ない一言ですが、僕なりに頑張っていました。周りからみるとそうではなかったようです。

他にも色々と言われたのですが、ハッキリと思い出せません。

グチグチあることないこと文句を言われた感じは覚えているんですけどね~。

辞める決心をした後は気分スッキリ

なにか肩の荷が下りた感じがしました。

やっと解放される!って。

うつっぽくなって3,4年ですが、結構我慢したなと思います。

その勢いで心療内科に電話した

気分が楽になったので、ずっと行こうか悩んでいた病院に行ってちゃんとうつ病なのか調べてもらおうと予約するために電話しました。

この時、思いもよらないことが起こりました。

電話中に何故か涙が止まらなくなったんです。

さっきまで晴れやかな気分だったので理解不能でした。悲しいわけでもツラいわけでもないのに涙が止まりませんでした。

ネットで調べたうつ病の知識として「訳も分からず涙が止まらないということがある」と理解していたのですが、自分がその状況になってしまったことによって、僕はうつ病なのかなと本気で思いました。

今後どうするか

とりあえず心療内科で診察を受けます。

その結果がうつ病だった場合、すぐに診断書を会社に提出し退職しようと思います。雇用保険もすぐに受給できるのでしばらく生活費はなんとかなりそうです。

うつ病でなかった場合は、2月末で退職するつもりです。この場合は雇用保険がすぐに受給できないので心配ではあります。

しかし、これも1つのいい機会と思い、新しい一歩を踏み出そうと思います。

祝!とりあえず社畜卒業!

僕の経験が同じような悩みを持つ方のチカラになれれば幸いです。