iPhoneが勝手に再起動を繰り返す不具合!対処法はコレ!

なにやらiPhoneが突然勝手に再起動を繰り返し、使えなくなってしまう事象が発生しているようです。

僕もこの不具合をインスタで知り、力になれないかと思いどうやったら対処できるのか調べてみました。

現在も困っている人がいたら是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

症状

  • iPhoneが勝手に再起動を繰り返す。
  • 数十秒~数分おきに再起動ループ
  • iPhoneが十数秒ごとにスリープして再起動のループ
  • 時計アプリが使えない

実際に不具合にあっている方々

原因

様々な原因が考えられますが、主にiOS 11.1以降のバグが問題のようです。

なんでも「繰り返し設定のあるローカル通知」を組み込んでいるアプリがiOS 11.1以降にインストールされていると発生する模様。アプリ開発側の企業がバグレポートをアップルに提出したようで、早ければ数日でストアに反映されるようです。

しかし、アプリだけが原因ではないようで、多くの人が同じ症状に悩まされているよう。大事なアプリの削除はしないほうがいいかもしれません。

でも結局はiOSの対応が必須なわけで、アップルには一刻も早く不具合の対応をお願いしたいですよね。

再起動地獄の対策

まず試してほしいのが、「アプリの通知を無効にする」ということ。

手順は以下の通りです。

  1. iPhoneの「設定」
  2. 「通知」
  3. アプリごとに「通知を許可」を「オフ」

これで一時的ですが、強制再起動のループから抜け出すことができるようです。

その後アプリごとに通知をオンにしていけば、どのアプリが不具合を起こしているか特定できるかと思います。

通知オフでも問題ない方はそのままオフの状態でiOSの更新を待つほうがベターかと。

ただ、「再起動のペースが速すぎて通知オフが出来ない!」という方は、一時的に日付を戻すことによる対策もあります。

手順は以下の通り

  1. iPhoneの「設定」 
  2. 「一般」 
  3. 「日付と時刻」 
  4. 「自動設定」をオフ 
  5. 時間帯を日本以外に 
  6. 日付を今日よりも前にする

この方法は不具合が起き始めた今日よりも時間を巻き戻すという回避法です。しかし、この方法は前日に戻せなくなった時点で使えなくなりますので注意!

まとめ

iPhoneが勝手に再起動を繰り返して使えなくなったら、アプリの通知を無効にする。

一時凌ぎにしか過ぎませんが、今のところこれ以外の有効な方法がありません。

一刻も早くアップルに対応してもらいたいところです。

ちなみに面倒くさがりな僕はiOSのアップデートをしておらず、「勝手に再起動」の被害には合わずに済みました。

こういうことが起きてしまうと最新のOSアップデートには慎重にならざるを得ませんよね・・・