【レビュー】OCUN QREST QCを購入【クライミングシューズ】

ファイル 2017-06-14 1 03 20

約3か月ぶりという久々の更新です。まあ、見ている人なんてほぼいないでしょう!

4月から趣味としてボルダリングを始めました。初めて見るとこれがなかなか面白く、頭と体をうまく使わないと登れないのでハマっています。

やはり、ハマると自分の道具が欲しくなるのは仕方のないことで、3回程通ったあたりでクライミングシューズとチョークバッグを購入しました。

そこで今回は「オーツン クレスト QC」のレビューをしたいと思います。

スポンサーリンク

なぜ「OCUN QREST QC(オーツン クレスト)」を購入するに至ったのか

ファイル 2017-06-14 1 02 00

まず、僕がクライミングシューズを購入するのに情報収集したのはインターネットです。ネットオンリーです。

ボルダリングを始めたばかりで知り合いもいない。一緒に行った友達は最初の1回のみでそれ以降は一人でボルダリングジムに通っていました。

ジムのスタッフも常連とセッションしていることが多く、リアルで得られる情報は皆無です。

ネットで得た情報を整理

色々調べた情報をまとめると、

  • 初心者はフラットなソールでターンインしていないものがいい
  • サイズ選びが超重要!必ず試し履きすること!
  • ファイブテン、スポルティバあたりがオススメ&無難

ということでした。

しかし、初心者向けのファイブテンのローグやモカシム、スポルティバのタランチュラなどの有名モデルはジムでよく見かけたので、被りたくないな~と密かに思っていました。

出来るだけ安く買いたい

初めてのクライミングシューズですが、本当に続けていけるのか不安でした。なにせ一緒にいった友人3人はそれぞれ1回しか行かなかったので、1人でジムに通うことになるからです。

なので、できるだけ安くクライミングシューズを購入するため海外通販サイトから個人輸入することにしました。

僕が利用したサイトはTrekkinです。日本語に対応しているので海外サイトと意識せずに簡単に買い物することができます。

Trekkin クライミングシューズ

そこで安かったのが「OCUN (オーツン) QREST (クレスト) QC」でした。なんと約7000円!

でも、いくら検索してもレビューがないんですよ(笑)。日本では履いている人があまり多くないんでしょうか。他人と被りたくない自分は購入の決め手になりました。

サイズ選びに迷う

僕は普段、26.5㎝の靴を履いているのですが、レンタルシューズではUS9.5(27.5㎝)とUS9(27㎝)を履いていました。なのでUS9を買えばいいかなと思ったんです。

しかし、ネット情報では足の実寸サイズに近いサイズを買ったほうがいいという情報と初心者は足が痛くならないくらいのサイズがいいという情報が交錯していたので、サイズ選びでとにかく迷いました。

US9でもしばらく履いていると足が痛くなってくるのですが、履いているうちに伸びてくるという情報を信じてUS8.5を購入することを決断しました。

「OCUN QREST QC(オーツン クレスト)」の使用感

ファイル 2017-06-14 1 01 45

外観

黄色と黒でシンプルなデザイン。所々にあるオーツンのロゴもカッコいいですね。

トゥ部分にも簡単なガードが付いています。

実際に使用してみて

ボルダリング初心者で初めてのクライミングシューズでしたが、まず満足です。

ベルクロで留めるので履くのも脱ぐのも楽です。

迷い迷ったサイズですが、意外と足が痛くなりません。1,2時間は余裕で履いていられます。(参考までに僕の足の実寸は25.5㎝です。)

ちなみに僕の行っているジムで同じクライミングシューズは見ていません。

まとめ

PAK75_borudaringukabe_TP_V

どんなスポーツでもエントリーモデルというのは、掛けられるコスト限られている為、どのメーカーでも性能はあまり変わらないと思われます。

というか、クライミングシューズの性能をしっかりと使える技術がまだ備わっていないので、善し悪しがまだ分からない状態ですね。

このシューズを買ったから一気に登れる課題が増えたとか、強くなったということはないです。

でも、モチベーションは高まります。これは間違いないと思います。なんだかんだジムに1人で通ってますからね。

ということで、安くてなかなかカッコいい「OCUN QREST QC」は初めてのクライミングシューズにオススメですよ!