ウェルスナビの口座開設方法を徹底解説!かかる日数と運用開始までの時間

こんにちは、資産運用にハマっているmagです。

最近、入金後ほったらかしで資産運用が出来るロボアドバイザー(AI投資)が話題です。その中でも「ウェルスナビ(WelthNavi)」は運用実績の成績がよく、ロボアドバイザーでは預かり資産&運用者数No.1と人気沸騰中。

このページでは「ウェルスナビ(WelthNavi)」の口座開設の方法をわかりやすく画像を交えて説明していきます。とっても簡単なので参考にしてみて下さい。

WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

ウェルスナビの口座開設方法

それでは早速実際の口座開設手順を説明していきます。

ウェルスナビの公式ページから運用プランを無料診断する

ウェルスナビのホームページへ移動すると緑色の「無料診断する」というボタンがあります。

そのボタンをクリックし、まずは自分にあった最適な運用プランを診断します。

【ウェルスナビ】WelthNavi

無料診断では以下の6つの質問に答えることで運用プランを示してくれます。

  1. 現在、何歳ですか?
  2. 年収はおおよそいくらですか?
  3. 金融資産はおおよそいくらですか?
  4. 毎月の積立額は?
  5. 資産運用の目的は?
  6. 株価が1ヶ月で20%下落したら?

なお、結果発表後の詳細設定から目標金額や投資予定額などを細かく設定することが可能です。

試しに初期投資100万円、毎月の積立額2万円、目標金額1500万円、リスク許容度5、運用年数30年で設定すると以下のようになります。

30年での合計積立額は820万円になり、ウェルスナビの運用によって71%の確率で1500万円以上になるという結果になりました。

さらに50%の確率で2044万円以上、30%の確率で2802万円以上という結果が出ており非常に夢のある数値です。ほとんど利息のつかない銀行に預金しているのがもったいなく感じますよね。

メールアドレスを登録する

無料診断結果のページの「次へ」ボタンを押すと、口座開設のお申し込みのページへ移動します。

ここでメールアドレスを入力し、「次へ」ボタンをクリックします。

認証コードとパスワードを入力する

入力したメールアドレスにウェルスナビから認証コードが送られてきます。この認証コードを次の画面で入力し、一緒にパスワードを入力します。パスワードは安全性確保のため、大文字、小文字、数字を必ず入れる必要があります。

パスワードは今後ログインするのに必要になるので、忘れないようにメモを取っておきましょう。

認証コードとパスワードを入力したら「ユーザー登録する」ボタンをクリックします。

電話番号や銀行口座の情報を入力する

ユーザー登録に必要な情報を入力していきます。

全ての項目を入力後「登録」ボタンをクリックします。

本人確認書類をアップロードする

本人確認に仕様できる書類は以下の通りです。

  • 運転免許証 + 個人番号通知カード
  • マイナンバーカード

いずれもオンラインで画像をアップロードすることになりますので、事前にスマホのカメラなどで撮影しておきましょう。

画像のアップロードが完了したら「次へ」ボタンをクリックします。

規約に同意する

最後に口座開設における規約等に同意します。

それぞれの項目にしっかり目を通し納得の上でチェックボックスをクリックして下さい。

全てのチェックボックスをクリックしたら「申し込む」ボタンをクリックします。これでウェルスナビの口座開設申し込みが完了しました。お疲れ様です!

簡易書留のハガキが送られてくると口座開設完了

申し込みが完了すると数日で簡易書留の発送通知がメールで送られてきます。それからさらに発送通知後1,2日で簡易書留が届きます。

僕の場合は申し込みが完了してから5日後に簡易書留が届きました。ウェルスナビの混み具合も関係してくると思いますが、1週間以内には運用が開始できると思います。

WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

10万円以上の入金で運用開始!

簡易書留が届いたらいよいよウェルスナビでの運用が開始できます。最低入金金額は10万円ですので、10万円以上をウェルスナビの口座へ入金しましょう。

ウェルスナビにログイン後、ページ上部の「入金」をクリックします。

振込手数料が無料のクイック入金は大手銀行5社が利用可能ですが、それ以外はページ下部にあるウェルスナビの口座へ入金する必要があります。

入金が完了すると、その日の米国株式市場でETFの買い入れが行われます。

なお、スマホアプリからでも同じように入金ができます。通常振込の振込先も表示できるので、自分で振り込む際に確認できて便利です。

毎月の積み立て設定

積み立ての設定をするにはページ上部の「積み立て」ボタンをクリック。スマホアプリでも積み立てタブから設定ができます。

このページから引き落とし口座と積立額を登録します。

積立額を入力したら「申し込む」ボタンをクリックします。

積み立ての口座引き落としは毎月26日に行われ、ウェルスナビへの入金、運用は毎月2日に行われます。

ETFの買い付けには最低2万円が必要となっていて、積立額が1万円の場合、2ヶ月ごとの買い付けになるので注意が必要です。

より平均的に買い付けるには積立額を2万円以上にするのがオススメです。

申込みから運用開始まで約5日

僕の場合は申込みから5日目に簡易書留が届き、即入金。入金した日の夜中にETF買付けが行われました。

つまり、6日目には運用が開始されたことになります。

ウェルスナビでの長期運用は実際のところどうなのか?

僕は以前、株取引をしていたことがありましたが典型的なコツコツドカンで負けてしまい、株取引を辞めてしまった経験があります。

そんな経験からほったらかしで積み立て投資ができるウェルスナビで資産運用を開始しました。

現在運用開始から1ヶ月が経ちましたが、円建てではマイナス1.19%ドル建てではプラス1.77%となっています。(リスク許容度5で運用)円建てでマイナスなのは円高の影響によるところが大きいです。円安に傾くことにより円建てでもプラスになります。

リスク許容度の設定により低リスクでの運用も可能なので、僕は銀行に貯金しておくより圧倒的に将来性があると感じました。

ウェルスナビはサービス開始後、安定して高いパフォーマンスを実現しています。これは人気の理由になっており2018年1月4日時点で申し込み件数は7万口座、預かり資産は600億円を突破しています。

まだ新しいサービスなので30年後にどんなパフォーマンスが出るのか誰にもわかりませんが、もし万が一ウェルスナビが経営破綻しても資産は完全に保護されます。購入したETFは世界最大の証券保管機関(DTC)に保管されており、現金は三井住友銀行に信託しての分別管理になっているので安心です。

ってことで、ウェルスナビはオススメなんです!是非試してみてください。

WEALTHNAVI(ウェルスナビ)