【比較】中華アクションカムはコスパ最強!おすすめ7機種【中華GoPro】

sjca3

アクションカム・ウェアラブルカメラと言えばGoProがもっとも有名かつ高性能ですよね。

僕は昔、GoPro HD HEROをスノーボードの撮影に使用していました。当時は本当に革新的でとんでもないカメラが出たと話題になりました。その後どんどんバージョンアップしていき、今ではバージョンもHERO 6となり、多数の便利な機能を搭載し、撮影機能も格段にパワーアップしています。

機能がパワーアップするごとに値段もパワーアップ・・・5万円を超える価格は決して安くはないですよね。あの気軽に使えそうな外観とは裏腹に、気軽に購入なんてできないです。

しかし、中国メーカーのGoPro風カメラ(中華GoPro)は性能の割に価格が圧倒的に安いんです!ブランド化に成功した信頼性の高い機種まであります。1万円以下の製品も多数あり気軽に購入するにはもってこい!

今回はそんなコスパに優れる中華アクションカムのおすすめを比較&紹介したいと思います。

GearBestでの購入の仕方は下記のリンク先を参照してみてくだい。

ちなみに僕が使用しているのは「Firefly 8S」です。

スポンサーリンク

アクションカメラの雄「GoPro」に迫る性能と値段のバランスが絶妙

SJCAM SJ7 STAR

sj7banner-500x284

GoProのコピーカメラとして登場したにもかかわらず、今ではその性能とコスパの高さからアクションカメラブランドとして確立したメーカー「SJCAM」の最新モデルです。

激安なアクションカムが欲しいけど失敗をしたくない!というかたはコレを買えば問題なし!

2万円代前半で購入可能ですが、驚くべきはその性能。実際に撮影された動画をみると映像はとてもキレイ。そして手ぶれ補正が強力で、とても見やすい動画を撮ることが可能です。

振動の多いスノーボードでも、とてもスムーズに取れているのがわかります。コレ本当に凄いです。4k 30FPS、FHDで120FPSに対応しているのもポイント。スローモーションもキレイに撮ることができます。

さらに背面のディスプレイはタッチ操作可能!至れりつくせりです!

こちらで更に詳細に触れています。

チップセット Ambarella A12S75
ディスプレイ 2.0インチ(320×240)
バッテリー 1000mAh
画角 166度
MicroSD 最大64GB
撮影モード 1080P(120fps)、1080P(30fps)、1080P(60fps)

1440P(2560×1440)、1440P(30fps)、1440P(60fps)

2.5K(30fps)、2.5K(60fps)

2.7K(30fps)

2160P(2880×2160)

4K(25fps)、4K(30fps)、

720P(120fps)、720P(30fps)、720P(60fps)

960P(120fps)、960P(30fps)、960P(60fps)

WiFi 搭載
サイズ 6.00 x 4.10 x 2.47 cm

74g

Original SJCAM SJ7 STAR WiFi Action Camera 4K

高性能&コスパで選ぶなら

ThiEYE T5e

11

中華アクションカムでは珍しく、4k 30FPS、FHDで120FPS、HDは240FPSに対応している機種です。パッケージがGoProそっくり(笑)

FPSが高いほど映像が滑らかになり、スローモーションにしてもカクつきが少なくなります。なので、一瞬を切り取るスポーツにはもってこいのアクションカム。1万円台の中華アクションカムではFHD(1080P)は60FPSの物がほとんどの中、120FPSはこの機種しかありません。HD(720P)では240FPSでの撮影が可能!スローモーションを撮りたいならこれ以外に選択肢は無いと言ってもいいでしょう。

もちろんディスプレイやWifiも装備しています。性能はGoPro4並みで価格は1万円代という驚きのコスパの高さ。

チップセット Ambarella A12LS75
ディスプレイ 2.0インチ(320×240)
バッテリー 1100mAh(1080Pモードで約100分撮影可能)
画角 170度
MicroSD 最大64GB
撮影モード 4K (3840 x 2160) 30fps, 25fps super view

2880 x 2160 / 30fps

2704 x 2028 / 30fps

2704 x 1520 / 30fps super view, 30fps

2560 x 1440 / 60 fps / 30fps

1920 x 1440 / 60 fps / 30fps

1920 x 1080/ 120 fps/ 100fps / 60 fps/ 30fps

1920 x 1080 / 60fps / 30fps super view

1280 x 960 / 120fps / 60fps / 30fps

1280 x 720 / 240fps / 200fps / 120fps / 60fps / 30fps

1280 x 720 / 120fps / 30fps super view

WiFi 搭載
サイズ 6.00 x 4.00 x 3.00 cm

58g

ThiEYE T5e WiFi 4K 30fps Sport Camera

ディスプレイ搭載高コスパ機種

いくら安くてもディスプレイが付いていないと、動画の確認や撮影モードの切り替えに時間がかかってしまいます。

MUSON アクションカメラ 4K 防水

81PAbjnoFPL._SL1500_

Amazonでベストセラーの人気アクションカム。性能は平均的ですが付属品が豊富なのがポイントです。

この価格でリモコン付きのアクションカムは珍しいです。さらにバッテリー2個に全てを収納できるケース付き!これで1万円を切る価格は凄い。売れてるのも納得ですね。

同じ中華GoProでも、やはりAmazonで購入できるというのは安心感がありますよね~。

チップセット 不明
ディスプレイ 2.0インチ(320×240)
バッテリー 1050mAh(1080P 60fpsモードで約50分間撮影可能)
画角 170度
MicroSD 最大32GB
撮影モード 4K (3840 x 2160) 25fps

2.7K (2688 x 1520) 30fps

1080P (1920 x 1080) 60fps / 30fps

720P (1280 x 720) 120fps / 60fps

WiFi 搭載
サイズ 5.93×2.46×4.11 cm

65g

Elephone ELE Explorer 4K Ultra HD WiFi

0000032_ele-cam

2インチディスプレイ搭載で1080P(1920 x 1080) 60FPS、720P (1280 x 720) 120FPSで撮影可能。1万円前後の激安中華GoProでは画質がいいほうだと思います。

Elephoneというスマホメーカーの製品です。日本でもスマホを販売しているのでメーカーとしての安心感はありますよね。しかし、この商品もAmazonではぼったくり価格・・・。GEAR BESTでは1万円以下で購入可能です。動画を見る限りキレイに取れているのでコストパフォーマンスは抜群ですね。

チップセット Allwinner V3
ディスプレイ 2.0インチ(320×240)
バッテリー 1050mAh(1080P 60fpsモードで約2時間撮影可能)
画角 170度
MicroSD 最大64GB
撮影モード 4K (3840 x 2160) 15fps

2.7K (2688 x 1520) 30fps

1080P (1920 x 1080) 60fps / 30fps

720P (1280 x 720) 120fps / 60fps / 30fps

WiFi 搭載
サイズ 5.90 x 4.10 x 2.40 cm

62g

Original Elephone ELE Explorer 4K Ultra HD WiFi Action Camera

強力な手振れ補正搭載

Gitup Git2

中華GoProの中でも非常に優れた手振れ補正を搭載しています。

アクションカムは本体が軽い為、ブレが大きくなりがちなのですが、この手振れ補正のおかげでブレがだいぶ軽減されます。1万円代の中華GoProでは頭一つ抜けている感じです。というかこの価格帯では考えられないほど。

さまざまなバージョンが発売され、パナソニック製センサーの「Gitup Git2P」と、ソニー製センサーの「Gitup Git2」が存在します。

映像の色味などが若干ちがうのでお好みで選ぶことができますよ!

海外での人気も高いカメラです。

チップセット Novatek 96660
ディスプレイ 1.5インチ(960 x 240)
バッテリー 950mAh(1080P 60fpsモードで90分間撮影可能)
画角 170度
MicroSD 最大64GB
撮影モード 2160p〜2880 x 2160〜24fps

1440p〜2560 x 144o〜30fps

1440p – 4:3 – 1920 x 1440 – 30fps

1296p〜2304 x 1296〜30fps

1080p〜1920×1080 – 60fps、30fps

1080p – 4:3 – 1440 x 1080 – 60fps

720P – 1280 x 720 – 120fps、60fps、30fps

WVGAビデオ – 848 x 480 – 30fps

VGA – 648 x 480 – 240fps

WiFi 搭載
サイズ 5.90 x 3.00 x 4.10 cm

64g

Gitup G3 Duo

「Gitup Git2」の後継機種で、様々な改良がされたモデルです。

「GoPro Hero4」や「SJ7 Star」などに搭載されているソニー製のIMX117 12MPを採用しています。

これにより、「Gitup Git2」より暗所の撮影でも安定して手ぶれ補正がかかるようになりました。映像もよりキレイです。

こちらの記事で「Gitup Git2」と「Gitup G3」を比較しています。

手ぶれ補正を重視するならGitupシリーズは最もコストパフォーマンスが優れた中華GoProだと思います!

チップセット Novatek NT96663
イメージセンサー Sony IMX117 12MP
ディスプレイ 2インチタッチスクリーン(ピクチャーインピクチャー)
バッテリー 1200mAh
画角 170度
MicroSD 最大128GB
撮影モード 2160P HD video : 2880*2160P ; 24 fps

1440P HD video:2560*1440P ; 30 fps

1080P HD video: 1920*1080P 60/30 fps

Dual FUll HD video : 1920*1080 ; 30 fps (with Slave camera)

720P HD video : 1280*720; 120/60 fps

WiFi
Bluetooth
ポート Mini USB *2 ;Micro HDMI ; Micro SD card slot
サイズ 59 x 41.5 x 36 mm

78g

上位モデルに迫る性能&抜群のコスパ

Hawkeye Firefly8S

HawKeye-Firefly-8S

今回紹介している中で比較的新しい中華GoProです。

後発なだけあって、この価格でこの性能は素晴らしいの一言です。

まず、6軸ジャイロの手振れ補正がかなり優秀です。細かい振動も吸収してくれます。次にこの価格帯では色味がなかなか綺麗です。そして、4K@30fps/2K@60fps/1080p@120fps/720p@240fpsという動画モードの豊富さは言うことなし。同価格帯の「ThiEYE T5e」を完全に喰っています。悪いところを改善した感じでしょうか。

視野角が90度のモデルと170度のモデルがありますので、好きなほうを選べます。

これはコスパで考えたらベストバイと言ってもいいかもしれません・・・

ちなみに僕も購入しました!レビュー記事はこちら↓

チップセット Ambarella A12S75
ディスプレイ 2インチ(640 x 480)
バッテリー 1200mAh(1.33時間撮影可能。スタンバイ時間は5時間)
画角 170度,90度
MicroSD 最大128GB
撮影モード 4K (3840 x 2160) 30fps, 25fps super view

2880 x 2160 / 30fps

2704 x 2028 / 30fps

2704 x 1520 / 30fps super view, 30fps

2560 x 1440 / 60 fps / 30fps

1920 x 1440 / 60 fps / 30fps

1920 x 1080/ 120 fps/ 100fps / 60 fps/ 30fps

1920 x 1080 / 60fps / 30fps super view

1280 x 960 / 120fps / 60fps / 30fps

1280 x 720 / 240fps / 200fps / 120fps / 60fps / 30fps

1280 x 720 / 120fps / 30fps super view

WiFi 搭載
サイズ 5.90 x 2.10 x 4.10 cm

70g

性能はもちろんデザインも美しい

Xiaomi Mijia Camera Mini

xiaomi5

スマートフォンではおなじみの「Xiaomi」(シャオミ)のエントリークラスアクションカムです。

まず目を引くのがそのデザイン。他の中華GoProとは一線を画しています。圧倒的にカッコいい・・・

そして背面のディスプレイがタッチスクリーンで、スマホのようにスワイプ操作が可能になっています。その為、操作性が抜群で直感的に操作可能となっています。

映像面ではかなり「Hawkeye Firefly8S」に近いものになっています。若干手ぶれ補正が弱いです。

ポイントとしては歪曲収差補正が搭載されているという点。他の中華GoProは画角を広げるため映像に歪みが見られますが、「Xiaomi Mijia」では歪みが上手く抑えられています。映像の歪みが原因でアクションカムを避けていた人には非常にオススメです。

残念な点は付属品が極端に少ないこと。ハウジングなどが一切ついてきません。別売りで揃えるしか無いようです。

まだ新しい機種の為、今後のファームウェアでさらなる性能の向上が見込めます。(1080P 100FPS→120FPS、720P 200FPS→240FPSに変更予定あり)

インターナショナル版が発売されました!元から英語化されているので、自分で英語化する必要がありません。

さらに詳細が知りたい方はこちら

チップセット Ambarella A12S75
ディスプレイ 2.4インチ(960×480)タッチスクリーン
バッテリー 1450mAh
画角 145度
MicroSD 最大64GB
撮影モード 4K(30fps)2.5K(30fps)

1080P(100fps)、1080P(60fps)、1080P(30fps)

720P(200fps)

WiFi 搭載
サイズ 7.15 x 4.27 x 2.95 cm99g

まとめ

中華アクションカムは本家のGoProと同じように、シリーズを重ねるごとにパワーアップしています。付属品が充実しているのも特徴で到着後にすぐに外へ持ち出して撮影できるのも魅力の1つです。

なによりもアクションカムが激安で手に入るというの一般人にはありがたいことです。プロ仕様のGoProでは持て余す可能性が高いですからね。

今回は7機種の紹介でしたが、中華アクションカムはかなりの数があるので、ご自身で面白い仕様の筐体を探すのも面白いかもしれません。どれがいいのかイマイチわからない方は「SJCAM SJ7 STAR」を買えば問題なしです!1万円以下なら「Elephone ELE Explorer」で決まり!そして価格も性能も譲れないあなたには「Hawkeye Firefly8S」がベストバイです!

僕も新しいアクションカムが欲しくなってきました・・・

GearBestでの購入の仕方は下記のリンク先を参照してみてくだい。